ハンドルの縫い付け直し

雨ザラシ工房

027-364-3648

〒370-0004 群馬県高崎市井野町713-3

ブログ

ハンドルの縫い付け直し

日々の修理

2017/01/18 ハンドルの縫い付け直し

今回のリペアはこちらのバッグ。

カモフラージュ柄の生地と、革ハンドルのコンビネーションです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ちょっと写真がへたっぴなので分かりづらいかも知れませんが、

ハンドルの付け根がほつれてしまっているという状態です。

今回の場合、革が裂けてしまったとか、生地が切れてしまっている訳ではないので、

縫い直しをしてあげれば直ってしまいます。

 

ただ、ほとんどの場合、かばんの内側には内袋が付いています。

あっ、こんな所に穴が!

これはサービスで直しちゃいましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

構わず縫い付けてしまって良いのであれば、勿論そのままミシンをかけてしまいますが、

見た目を綺麗に仕上げたい!という事であれば、本体を一部解体をして縫い跡が

残らないように縫製する事も可能です。

この辺りは、お客様の要望やご予算との相談ですね。

 

という事で、今回は裏側に縫い跡が出さないで欲しいとのご要望でしたので、

一部解体をしてしまいます。

ほとんどの場合、この辺りをほどく事が多いですかね~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ハンドル付け根をしっかりミシン掛けしたら、内張りを閉じて仕上がりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

あまり予算をかけずに済ませたい!というご要望であっても、内袋にポケットなどが

付いている場合も多いです。

縫い跡がポケットに干渉しなければいいのですが、そうもいかない場合もありますので、

注意が必要ですね。

お見積りまでは無料です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

雨ザラシ工房

住所 〒370-0004 群馬県高崎市井野町713-3
電話番号 027-364-3648

facebookページはこちら
http://bit.ly/2ce0YV4

TOP