ハンドルを直すと、また違った表情になりますね。

雨ザラシ工房

027-364-3648

〒370-0004 群馬県高崎市井野町713-3

ブログ

ハンドルを直すと、また違った表情になりますね。

日々の修理

2016/10/09 ハンドルを直すと、また違った表情になりますね。

今回持ち込まれたかばんは、取っ手のお直しです。

全く同じ鞄であっても、人それぞれに使いやすい長さというものがあるはずです。

身長も違えば、体格も違いますし、手だけで持つ人もいれば、肩に掛けたい人もいます。

さて、こちらのバッグは、お客様自身でハンドルを加工したようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

話によりますと、肩掛けで使っていたようなのですが、食い込むのが嫌なので、手で持つ

タイプにしたかったらしいのです。

しばらく使っていたようなのですが、どうも見栄えが悪く使えずにいたようなのです。

 

という事で、長さは変えずにトップ部分をもう少し綺麗にしてみましょう。

まずは重なりあった部分の革を薄くしていきます。

この薄くする行為を『漉く(すく)』というのですが、ただ漉くのではなく、斜めに漉きます。

写真が無いのが残念ですが、また別に掲載出来ればと思います。

で、同じ色目の糸で縫いあげればこんな感じに仕上がります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ハンドルにはいろいろな直し方があります。

ご予算や用途に合わせてお見積り出来ますので、どうぞご相談くださいね。

 

 

雨ザラシ工房

住所 〒370-0004 群馬県高崎市井野町713-3
電話番号 027-364-3648

facebookページはこちら
http://bit.ly/2ce0YV4

TOP