オーストリッチのお財布(ファスナー交換)

雨ザラシ工房

027-364-3648

〒370-0004 群馬県高崎市井野町713-3

ブログ

オーストリッチのお財布(ファスナー交換)

日々の修理

2016/10/07 オーストリッチのお財布(ファスナー交換)

前回に引き続き、オーストリッチ革の修理です。

オーストリッチって、何の事かもうお分かりですですよね?

そう、ダチョウの革の事です。

一番の特徴は、羽を抜いた後に出来る、丸い突起です。

これが揃っていると価値も高くなるんだとか。。。

余談ですが、ダチョウの脚の部分は、脚単体として価値があるようで、

オーストレッグなんて呼ばれたりしていますね。

 

さて今回のお直しは、ファスナーの交換です。

いわゆるラウンドファスナーになっているお財布。

まずは糸をほどいて、チャックを取り外します。

解体してみると分かるのですが、オーストリッチは大抵、芯材に貼り付けてあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

外れたら、新しいチャックを取り付けて出来上がり!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だいぶちょっとはしょり過ぎちゃいましたね。

 

今回、一つ注目して頂きたい点があります。

それは、お財布の内側!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真はファスナーを開けた内側部分のアップです。

 

糸をほどけば、当然ミシンの穴だけが残りますよね?

チャックは表側の革と裏側の革に挟み込まれているので、縫い直しの際、どうしても

表と裏の革に若干のズレが生じてしまいます。

表は元のミシン穴に針を通せば綺麗に仕上げられますが、裏側を確認しながら縫い付

ける事は出来ないのです。

言われないと分からないかもしれませんが、雨ザラシ工房ではそういった細かな部分

にも気を付けながら、少しでも綺麗な仕上がりになるよう心掛けています。

 

勿論ずれちゃう事もあるので、そこはご勘弁下さいね。

 

 

雨ザラシ工房

住所 〒370-0004 群馬県高崎市井野町713-3
電話番号 027-364-3648

facebookページはこちら
http://bit.ly/2ce0YV4

TOP